ムシバイには何が含まれているの?成分ってどんなのかな〜?

ムシバイ 成分

 

小さなお子さんのいるご家庭なら、わかると思うのですが、子供ってなかなか歯磨きを、自ら進んでしてくれることって、ないと思うのですが、どうでしょうか?うちも、なかなかしてくれなくて、毎日子供と格闘しているんですが、どうですか??

 

子供と毎日格闘することに、ちょっと疲れてきたので、何かいい手はないかと思い、ネットを検索していた時、ムシバイという商品がヒットしたんです。

 

ムシバイは、歯磨き後のご褒美として、子供に与えている方も多いようで、それでいて虫歯や歯周病の予防を、しっかりしてくれるようなんです。

 

ヨーグルト味で子供の好きな味になっているので、食べてくれるようなんです。そんないい商品なら、毎日格闘しなくても済むかも、と思ったのですが、でもムシバイには、どんな成分が含まれているのか、ちょっと気になってしまいました。

 

子供に与えるものですから、やっぱり体に悪い成分が含まれていたら、あげるのを躊躇してしまいますよね。

 

なので、ムシバイの成分について、見てみたいと思います!

 

ムシバイには、どんな成分が含まれているのかな?

 

クリスパタス菌 KT-11

今話題になっている、ヒト由来の乳酸菌なんです。このクリスパタス菌KT−11は、女性の産道に多く含まれている成分のようなんです。産道に存在するということは、赤ちゃんが一番最初にお母さんから渡されるのが、この乳酸菌のようです。このクリスパタス菌KT−11は、細菌の増殖・炎症などを抑制してくれる、成分のようです。お母さんから最初に渡される、細菌なら安心してもいいと思います。

 

特許成分PS−B1

有機大豆を本培養させて、作られている成分のようです。この成分は有機大豆から作られているので、乳アレルギーのお子さんにも、安心して食べて頂けるようです。このPS−B1は自然由来の成分で、お口の中にいる、善玉菌の働きをサポートしてくれるので、お口の中の環境を整えてくれます。ただ殺菌剤ではないので、無差別にいろいろな菌を殺してしまうわけではないので、安心して頂いていいと思います。

 

キシリトール

砂糖と同じくらいの甘味ですが、カロリーは砂糖よりも15%ほど少ないようです。キシリトールは、虫歯になる菌の原因となる、「酸」を作らない成分のようです。キシリトールは、唾液の分泌を促してくれるので、歯の再石灰化を促してくれるようです。

ムシバイには、どんな成分が含まれているのかな?のまとめ

 

いかがだったでしょうか??

 

ムシバイの成分について、少し調べてみたのですが、私が見た感じでは、子供さんが食べても大丈夫なような、成分ばかりが含まれているように感じました。

 

それでいて、しっかりと虫歯にならないような環境を、作ってくれるので、これで安心して食べさせられますよね。

 

とここまで書いてみたのですが、もっとムシバイについて知りたい方は、一度ムシバイの公式サイトを見てみてくださいね。

 

見ているだけでも、結構楽しいと思いますよ。

 

お時間のある時にでも、見てくださいね!