効果的な食べ方はあるのかな〜??

ムシバイ 効果的な食べ方

 

ムシバイっていう、商品を知っていらっしゃいますか??ムシバイは、歯磨き嫌いな子供のために、歯磨き後のご褒美として、作られた口腔ケアチュアブルなんですが、知ってらっしゃいますか??

 

このムシバイは、ヒト由来の成分からできていて、子供が食べても安心して食べて頂けるようなんです。

 

そんなムシバイは、虫歯の予防、歯周病の予防などの予防に一役買っている商品なんですが、もっとムシバイの効果を出すために、効果的な食べ方はあるのかな?って、ちょっと気になってしまったんですが、ムシバイの効果的な食べ方ってあるんでしょうか?

 

なので、ムシバイの効果的な食べ方を、少し見てみたいと思います!

 

小さなお子さんを持っている方で、ムシバイに興味がある方に、少し見て頂けたら、嬉しいです。

 

ムシバイの効果的な食べ方って、どんな風にしたらいいのかな〜?

 

効果的な食べ方

  • 口の中の菌が繁殖するのは、就寝中のようなんです。なので、寝る前やご飯後に、しっかりと歯磨きをしましょう。
  • 歯磨き後に「歯磨きのご褒美&おやつ」として、一日一粒子供さんにあげてください。
  • 口に入れたら、あめをなめるようにゆっくりなめていってください。

 

ここでポイントは、まずお父さんとお母さんが、歯磨き後にムシバイを美味しそうに食べて見せてあげてください。

 

そうすると、子供さんも「お父さんとお母さんだけ、ずるい!」って、食べたくなると思います。

 

そうしたら、子供さんにも与えてあげて、歯磨きをすればこれを食べさせてあげるよ、とくせづけしてしまうのです。

 

子供さんも、歯磨きしたら、「あの美味しいあめがくれるんなら、歯磨きする〜!」って、なったらこっちのものです(笑)。

 

あとは、子供さんが自らしてくれるようなので、お父さんやお母さんの仕事が一つ減りますよね。

 

それだけでも、気が少し楽になるので、もしよかったらやってみてください。 それに、今までやってくれなくて怒っていた時間も、少しなくなるので、そこで一つ仕事がなくなるので、いいことづくしではないでしょうか?

 

ムシバイの効果的な食べ方って、どんな風にしたらいいのかな〜?のまとめ

 

いかがだったでしょうか??

 

ムシバイの効果的な食べ方について、少し見てみたんですが、見てみた感想は、そんなに難しいことはしていないよね!という感想でした。 

 

ただ、子供に歯磨きのくせ付けをするのに、少し時間がかかるから、そこは根気よくしていただけたら、あとは子供さん次第ではないかと、思います。

 

歯磨きなどのくせ付けには、だいたい3か月くらいかかるようなので、ちょっと頑張ってみてくださいね!

 

とここまで書いてみたんですが、あともっと情報が欲しいと思われる方は、一度ムシバイの公式サイトを見てみてください。

 

何かの参考になることもあると思うので、もしお時間があるのでしたら、見てみてくださいね!!